昨年の夏に父親が外出先で亡くなったときは母親と長男である私と協力してなんとか葬儀を終えることができました。実家で離れて暮らしていますが、母親と弟の2人暮らしになるので生活の心配をしなければなりません。父親は前日まで元気でしたので当然遺言状もなくどれくらい遺産が残っているかにより今後の生活に支障がでてきます。
実家は都内にある一軒家で借地でしたが5年ほど前に大家さんから買い取りを要求されたときに、父親の配慮で一部名義を私にしておいてくれました。当然支払いの義務があったので毎年口座に振り込んでいました。
実家の金庫に土地や家の権利書があり、他にも父親名義の株券、銀行の定期預金、郵便局の預金通帳がでてきたので資産が大体把握できました。母親は父親が亡くなった途端老後の生活に不安になったのか、凍結された父親の銀行、郵便局、株券を自分の名義にしようと始めました。名義変更するためには相続者がだれかを特定しないと金融機関は受理してくれません。母親の為に今住んでいる市役所から印鑑登録証明書を何通も取りにいき、そのたびに実印を持って実家にいっていました。母親は当然の顔をしているので遺産を法定分もらおうかと一瞬思いましたが、弟が病気で実家から離れることができないので考えを変えました。遺産分割協議書の書き方を税務署の相談窓口で聞きながら、なんとか遺産全額を母親にする文面に仕上げて提出しました。
相続税に関する知識もありませんでしたが、高齢の母親に任せるわけにもいかないので税理士に頼もうと思いましたが母親がお金がもったいないと言い出したので仕方なく何度も相談にいった税務署にいくと親切に教えてくれました。一人で相続税に対しての書類を作成できるか聞いたところ、時間をかければできるといってくれたので、土地の路面価格や葬儀にかかった費用などすべて資産を洗い出しなんとか作成することができました。相続者が母親と子供2人かを証明するために父親が出生した市役所から戸籍謄本を取り寄せ、亡くなるまでの戸籍一式をそろえるのが一番大変でした。父親は田舎出身でネットで取り寄せることができないので市役所の担当者とやりとりしてやっと入手できました。
結局相続税がかからにことが判明したので一息つけたのは父親がなくなってから5か月ほどあとです。母親も少し機嫌がよくなり年金も少し加算されることになったのでなんとか生活はできそうです。